第44回東海ファジィ研究会(ヒマ研2018)


日本知能情報ファジィ学会東海支部の恒例行事「東海ファジィ研究会」を開催 します.会場を日間賀島と蒲郡に固定して定着をはかった企画も,おかげさまで44回目となりました.知多半島の先端に浮かぶ小島(日間賀島)で,ひととき都会の雑踏を離れ,新鮮な魚介類を堪能しながら,会員の交流を深めつつ,自身の研究を見つめなおす1泊研究会です.

開催地は伊勢湾に浮かぶ小島ではありますが,名古屋駅から鉄道とフェリーのスムースな連結により,意外に交通の便がよ いところですので,遠方の方も,お気軽にご参加いただけるかと思います.

今回の研究会では,3つの形式で研究会を実施します.(1)発表形態として,フラッシュトーク+ポスター発表で発表を行います.(2)参加者全員の投票による(最)優秀発表賞を設けます.(3)あいまいなゲーム研究会との共催により,ミニ四駆AI大会を実施します.

主催

日本知能情報ファジィ学会東海支部

共催

日本経営システム学会(JAMS)中部支部

あいまいなゲーム研究会

パーティクルフィルタ研究会

協賛

日本知能情報ファジィ学会各支部・各研究会

日本経営工学会中部支部

日本OR学会中部支部

教育システム情報学会東海支部

コンピュータ応用技術協会

IEEE Nagoya Section

日時

2018年2月18日(日)~19日(月)

会場

日間賀島公民館(南知多町役場 日間賀島サービスセンター)
愛知県知多郡南知多町日間賀島字永峰18(日間賀島中学校・小学校の近くです)
TEL:0569-68-2001
MAP

懇親会

網元旅館 中平 URL
愛知県知多郡南知多町大字日間賀島字小谷42
TEL: 0569-68-2013

東海ファジィ研究会では,研究会での討論を活発にするため,懇親会後も研究討論会の時間をもうけております.宿泊して頂くことを前提にしておりますのでご理解をお願い致します.宿泊に関する情報は後ほど参加者の皆様にメールにてお伝えします.なお,研究会で一括で宿泊手配しますので,宿泊希望者は「発表・参加登録」の際に宿泊区分を「宿泊」で登録してください.

日間賀島までの交通手段(例)

・新名古屋-<名鉄電車45分>-河和-<徒歩5分>-河和港-<高速船20分>-日間賀島西
・新名古屋-<名鉄電車52分>-内海-<バス30分>-師崎港-<高速船10分>-日間賀島西
・近鉄難波-<近鉄電車130分>-鳥羽-<徒歩5分>-鳥羽港-<高速船60分>-日間賀島西
・豊橋-<豊鉄バス90分>-伊良湖港-<高速船30分>-日間賀島西

名鉄・近鉄ならびに高速線のダイヤ等については,下記のURLをご参照ください.
名鉄ホームページ URL
近鉄ホームページ URL
名鉄海上観光ホームページ URL

当日,河和港から無料の乗り合いフェリーが出ます.出港時間は,利用人数によって変わります.利用者は,「発表・参加登録」メニューより乗り合いフェリーを利用についてご回答ください.

招待講演

題名1:最適フィルタとあいまいな現実との狭間で
講演者:生駒 哲一 先生 (日本工業大学 電子情報メディア学群 情報工学科 教授)

題名2:ファジィに生きる時代
講演者:西野 順二 先生 (電気通信大学 大学院情報理工学研究科 助教)

講演後,総合討論を行います.

特別講義

題名:心理現象の曖昧さへの挑戦—ファジィ理論との邂逅—
講演者:小田 哲久 先生 (愛知工業大学 経営学部 経営学科 教授)

発表形態

招待講演を除き,講演の形態は全てポスター発表となります.ポスターは,会場の指定された場所に掲示していただきます.原則として,幅90cm×高さ 120cm(およそA0サイズ)以内の大きさのポスターをご用意下さい.ポスターの左上に15x6cmの白枠を用意し,そこに発表番号を記載してください.また,各セッションの始めにPDFスライドを使ったフラッシュトーク発表を実施します.発表番号およびフラッシュトークの時間は発表件数により決めますので,発表件数が決まりましたら発表者へご連絡します.各発表時間は2分を予定しております.発表スライドの枚数に制限はありません.フラッシュトークは短いですが,時間厳守です.ご注意ください.

フラッシュトーク

フラッシュトーク用資料はPDFが原則となっております.会場にはパソコン及び接続用のプロジェクタを用意しております.発表者は,2月9日(金)までに (felix[at]cmplx.cse.nagoya-u.ac.jp,yoshikawa[at]cse.nagoya-u.ac.jp [at]はアットマーク)宛にPDFファイルを送信して下さい.原則として,事前に提出されたPDF資料をまとめたものを,こちらで準備したパソコンで射影します.また,ポスター発表時にノートパソコンもしくは特別な機材等を使用する方は,事前にご連絡ください.フラッシュトーク用資料のファイル名は,プログラムに掲載された発表番号(例P1-01.pdf)としてください.

優秀発表賞

参加者全員による投票で,学生発表を対象に最優秀発表賞1件,優秀発表賞 1~3件を選出します.(賞の件数は学生発表者数の10%程度です.)研究会会期中に表彰式を実施し表彰いたします.

ミニ四駆AI大会

あいまいなゲーム研究会との合同セッションとして,FSSで恒例のミニ四駆AI大会を開催いたします.予選会(プレ走行会)を経たトーナメント戦を行います.本大会ではゴールでの停止を必要要件とし,停止位置の正確さを求めるコンテストを行います.オンライン適応やAIが勝つか,古き良き人間のチューニングが勝つのか.白熱する試合にご期待ください.皆さまのご参加をお待ちしております.なお、大会開催の詳細については ミニ四駆AI大会in東海ファジィ研究会 を参照ください。

講演論文

発表者には,書式や必要部数等詳細な情報を「プログラム送付時」 にご連絡いたします.講演論文集は当日会場で作成する簡易製本版と,SNS公開版の2種類となります.当日は簡易製本用(両面印刷,参加人数分),および,公開用の電子データ(pdf)を必ずご持参下さい.SNS公開用の原稿は,アブストラクトのみ・原稿全文のいずれかとなります.ご希望に合わせてご準備ください.なお,本研究会に投稿される原稿の著作権は,原則として,日本知能情報ファジィ学会に帰属します.

研究会の論文スタイルに,規定ありませんが,ファジィシステムシンポジウムと同様のスタイルを使用することを推進します.

原稿作成要領(Tex版:win-SJIS):FSS2017sample-LaTeX-win.zip
原稿作成要領(Tex版:win-linux-UTF-8):FSS2017sample-LaTeX-win_utf8_linux.zip
原稿作成要領(Tex版:mac-UTF-8):FSS2017sample-LaTeX-OSX.zip
原稿作成要領(MS-Word doc版):FSS2017sample-Word2003.doc
原稿作成要領(PDF版):FSS2017sample-PDF

参加費

参加費:一般&学生 5000円

発表・参加申し込み

2018年2月2日(金)までに,研究会ホームページよりオンライン登録をお願いいたします.申込みはホームページ左側の「発表・参加登録」メニューより登録が可能です.オンライン登録ができない方は,お手数ですが研究会幹事(tokai-fuzzy-conf[at]googlegroups[dot]com)まで以下の情報を記し,電子メールにてお送りください.

発表・参加申し込み
・参加者名
・参加区分:学生 or 一般
・懇親会: 参加 or 不参加
・宿泊区分: 宿泊 or 日帰り(参加日をその他に記入してください)
・発表区分: 発表 or 参加のみ
・所属
・連絡先 Email アドレス
・所属学会:SOFT,IEEE
・乗り合いフェリー:行きのみ,帰りのみ,両方,利用しない
以下は,宿泊者のみ必要です.
・性別
・宿泊先領収書の有無
以下は,発表者のみ必要です.
・題目
・全著者名
・キーワード(最大5個程度)

スケジュール

発表申込 2月2日(金)

参加申込 2月2日(金)

フラッシュトーク提出 2月9日(金)

原稿提出 2月18日(日)(研究会に印刷物,SNS用データを直接持参)

その他

宿泊のキャンセルにつきましては,宿泊先のキャンセルポリシーに従います.